転職で情報処理の資格が役立ちました。

私は基本情報処理第2種の国家試験を持っています。

そのため、現在も自宅でパソコンを活用しインターネットを利用した情報処理分野にて仕事をしています。

以前ですが、転職するのに派遣の仕事でデータ入力会社に勤めたことがあります。そこで、情報処理の資格で学んだパソコン活用のスキルを活かすことが出来ました。

その他大勢が派遣で同じ会社に来て働いている人はいらっしゃいましたが、タイピングは早いものの、パソコン活用のスキルは初級くらいのレベルの人が多かったと思われます。

データ入力作業で、パソコンがハングアップしたり固まったり重たくなったりすることが時々ありましたが、ほとんどの人が、対処できずに質問していました。

その点、私は自分のスキルで、ある程度の対処を試みたりすることができましたので、やはり基本情報処理の資格を持っていることで、コンピュータの基本的な動作が分ることが役に立ったのだと思われます。

資格を持っていると、自信が出来ますので自己のスキルアップ向上心も高くなると思います。

これからも、出来る限り自信をもって取り組みたいと思っています。

転職で自分に合った働き方を見つけるには?

SEの仕事は非常に勤務が過酷です。
長時間労働は当たり前ですし、何かトラブルが発生すると、すぐに対応に行かなければなりません。

私の周りでもSEの仕事をしている人が数人います。
収入は良いですが、その分仕事はかなりキツそうです。

若いうちはまだ体力がありますが、中年以降になってくると、業務をこなしていくことが大変になっていきます。

さらに管理職ともなれば、大きな責任が伴なってきます。

もし、SEの経験を活かして転職するならば、やはり人脈は大切です。
さらに良い条件の職場にヘッドハンティングされた人もいました。

また、専門技術とネットワークを活かして、独立するのも一つの道です。
自分でやりたいことがあったり、プライベートの事情などで、独立する人も結構いるようです。

いずれにしても、自分に合った仕事の仕方を見つけてやっていくしかないと思います。転職は自分の職業人生を振り返る良い機会です。転職エージェントの方と相談しながらキャリアアップを目指していきたいと考えている方は特に。

年齢が転職の壁になることもありますが、自分の進むべき道をしっかりと見極めて、少しずつ前進していきたいものです。

IT業界は人材の流動性が他業界と比べて突出して多い印象もありますし、
実際の転職市場でもニーズは常にある業界だといえるでしょう。

しかし、それにはいくつかの類型、パターンがあります。

一例としてある会社で働いていた開発系のSEが転職する場面を想定してみましょう。

①同職種への転職をする場合(例えば開発系SEが、他社の開発系SEに転職する)
②IT関連の他職種に転職する場合(例えば開発系SEが、他社の社内SEに転職する)
③業界も職種もまったく違うところに転職する場合(例えば開発系SEが、他社の営業職に転職する)

①を選択する人は、現状よりさらによい待遇を目的とした場合が多いようです。
②を選択する人は、開発経験を活かして、他社の社内システムの構築や運用にやりがいを見出すことを目的とした場合が多いようです。
③を選択する場合は、なんらかの理由でIT業界に見切りをつけて新天地で活躍することを目指す場合が多いようです。

私自身は③のパターンを選びました。

ただし、異業種への転職は年齢を重ねてからではなかなか厳しいので、
決断をする場合は早いに越したことはないと思います。

30代の転職は履歴書よりも職務経歴書です!

今回は30代の転職について書きたいと思います。

僕自身35才ですが30才以降の5年間で3回も転職しました(汗)20台の第二新卒のような買手市場が満ち溢れているわけではないので、本当に苦労してきましたね。

まず、転職なので新卒の就活の様なエントリーシートは存在しません。その代わりが履歴書ですね。

とは言っても、履歴書は学歴や経歴、個人情報をただ淡々と書き連ねれば良いので気を付けることは1つだけ、「メチャメチャ綺麗に書く」それだけにつきます。

志望動機欄や趣味特技を書く欄もありますがそこは無難に2行位書くだけでOKです。

あくまでも履歴を書く紙なので。その反面、職務経歴書については最重要課題かもしれません。

大学生のエントリーシート同様、これまでやってきたこと(職歴)や保持スキル、自己PRなど大事なことを書かなければなりません。

履歴書の様に淡々と綴るのではなく仕事で達成した体験談などを具体的に書き、読み手側の面接官にイメージしやすくすることが大事ですね。

これから初めて転職する30代の人、参考になればと思います。

思ったのと違う

求人条件欄を見て、いいなと思って応募して面接して、どんな感じかと見学もさせてくれたので大丈夫そうかなと始めさせてもらいました。

商品のピッキングでお菓子がダンボールに入ってて、それを店舗ごとに個数をカートに乗せて、その他の注文も注文個数カートに乗せてと店からの注文商品と個数をカートで運んでドライバーに持っていく仕事でした。

慣れたら、簡単で気楽に出来ていい仕事だと自分の中では思っていました。しかし、お菓子のケースのピッキングだけなら良かったけど、お菓子仕分けが終わったら、次はケースでドリンクのピッキング。これは重くて大変でクタクタにあるくらい疲れました。

しかも、暑い工場の中でにこの力作業に常にカートを押したりひっぱってあるきまわって、夏のピッキング作業は本当にきつかったです。

別に嫌な仕事ではなかったけど、体がきつかったので残念ながら違う仕事に変えようかと、いろいろ考えて転職を決めました。

お菓子だけのピッキングだけだったらまだやれたと思うけど、さすがに男性に混じっての力仕事のピッキングは聞いてなかったし思ってなかった。思ったのと違うと辞めました。

転職のきっかけと後悔

私は大学卒業後、主に携帯販売を手掛ける会社に入社しました。

志望理由は単純に携帯電話などの機械が好きだったからです。その頃はまだスマートフォンはほとんど普及しておらず、ソフトバンクがiPhoneを発売し始めたばかりでした。

東京で1ヶ月程の研修後、私は地元にあるドコモショップでショップスタッフとして働き始めました。当時のドコモと言えば断トツのシェア率とインフラ設備の良さで新しい機種が出れば何でも飛ぶ様に売れていました。

給与は高くありませんでしたが、安定性や好きな物に囲まれている仕事環境に大変満足しておりました。

そんな状況が5年程続き転機が訪れました。徐々にiPhoneが評価されるようになり、ドコモもブラックベリーやアンドロイドフォンで追随しましたがその頃は明らかに性能が劣っていました。

私は出来損ないのアンドロイドフォンのクレーム対応に日々追われ、ドコモの先見の無さへの怒りと魅力的な機械であるiPhoneとそれを販売するソフトバンクに憧れを抱くようになりました。

そんな日々の中、売り上げが伸び悩んでいた私の店舗に新しい店長がやってきました。

彼はスタッフの間でも有名な嫌われ店長でした。指示や説教が大好きだが店頭に立っての接客は一切出来ない人でした。そんな店長と度々ぶつかり、ドコモ自体への興味も薄れてきていた私は転職しようと決め、その後、約半年後に円満に退社しました。

しかし、現実はそんなに甘くありませんでした。同じ業界で仕事を探した際に以前の会社と比べると給与も待遇も悪いところばかりだったのです。その時に前の会社が携帯業界、特に地元では一番大きなシェアを誇っている事や待遇も良かったに気付きました。辞める事やキャリアを崩すことは一瞬で出来るけど、その逆はとてつもない労力が必要な事です。

今では別の業界で仕事をしておりますが、転職を決意する前にもっとあの会社で出来る事があったのにと思う事がたくさんあります。

だから、今転職を考えている人がいたら改善出来る余地がないか限界まで試してからでも遅くないと思います。

給料ダウン

自分は3回転職しています。勤続年数4年→11年→2年→4年現在に至ります。
結果的に転職して後悔はありませんが、年収はやはり11年勤めた会社からかわった時には100万以上減りました。そうそう生活水準は落とせなくて、あっという間に貯蓄が月々の生活費にあてられ、2年ぐらいでようやく給料内でやりくり出来る生活、心構えになりました。

よっぽどキャリアがあって、ステップUPでない限り、ほとんどのケースで給料はダウンします。

現在の日本はまだまだ、勤続年数で少しずつ給料がベースアップしていき、積みあがっていくパターンがほとんどです。

せっかく積み上げた基本給を、チャラにしてもいいほどの辞めたい理由、行きたい会社、その後の生活をしっかり考えてから転職を決める事をオススメします。
あの人が嫌だから等の人間関係は、所詮どの会社にもあります。

自分の受け入れ態勢を変化させて対応していかなければ、どこへ行っても同じです。
人間関係の悩みはまず自分を見つめなおしましょう。

よっぽど理不尽な上司は周りもきっと同じ思いです。周りと相談したり、愚痴を言い合って発散させたり、上司との人間関係だけでなく、同僚との人間関係が良ければ、乗り越えられる事も多いです。

スキルUPのための転職

転職というと最初から何らかのスキルがないと出来ないのでは?と考えている方が多いかもしれません。

確かに転職の求人広告や求人サイトを見ていると、何らかのスキルや資格を持っている方が優遇されていたり、経験がある方を採用したいというものが目立ちます。

ですが、経験がなくても「新しいことにチャレンジしたい!」という気持ちをバックアップしてくれるような転職先もあります。

私の場合は事務職の経験しかありませんでしたが、接客のお仕事に転職しチャレンジしたことがありました。

最初は今までの仕事とはまったく違う環境で要領を覚えるまで大変でしたが、基本の接客マナーから言葉遣い、先のことを考えながら、いかにお客様を待たせずにスピーディーに仕事をこなすか、お客様の立場にたってどのような接客をするのがふさわしいのか等、事務職をしていた時には身に付かなかったスキルを身に付けることができました。

また同じ事務職でも職場が違えば雰囲気や仕事のやり方も当然違ってきます。まずは何にでもチャレンジする気持ちが転職には何より大切だと感じます。

その新しい一歩がスキルUPのチャンスかもしれません。